イメージバックアップと復元

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「Windows7 のファイルの回復」を使ったイメージバックアップと復元の方法

システムの復元も良いですし、リフレッシュやリセットも良いのですが、
自分の一番良い環境だったころを、イメージとしてとっておけば
いつでも自分の一番良い環境だったころに戻れます。
あるいは、今使っているCドライブを別のHDDやSSD に引越すことも可能になります。

ここでは「Windows7 のファイルの回復」を使ったイメージバックアップと
復元の方法をご紹介します。


■「Windows7 のファイルの回復」を使ったイメージバックアップの方法

1.外付けHDD などを用意し、あらかじめパソコンに接続しておきます。
2.画面右上をポイント(または画面右側からスワイプ)してチャームを表示させ
 [設定]-[コントロールパネル]とクリック(またはタップ)します。
3.コントロールパネルの右上のほうにある、「カテゴリー」の右横にある
 下向きの矢印をクリックし、「小さいアイコン」を選択します。
4.[Windows 7 のファイルの回復]をクリック(またはタップ)します。
5.Windows 7 のファイルの回復画面が表示されましたら
 画面左側ペインの[システムイメージの作成]をクリック(またはタップ)します。
6.システムイメージの作成画面が表示され、バックアップ可能なドライブ等が
 表示されるので、1.で用意した外付けHDD などを指定します。
backup-restore1.gif

7.どのドライブをバックアップしますか?と尋ねられるので、外付けHDD 等の容量と相談しつつ
 バックアップに含める内容を決めて、チェックを入れます。
 (ソフトウェアをインストールした直後などであればCドライブだけで十分なことが多いです)
8.バックアップの設定を確認して[バックアップの開始]をクリック(またはタップ)します。




イメージバックアップが完了すると、「修復ディスクを作成しますか」といった内容の
画面が表示されるので、DVD-R などを入れて、修復ディスクを作っておき、
それだと分かるようにラベリングしておきます。
backup-restore2.jpg



■イメージから復元する方法
1.バックアップを取ってある外付けHDD 等を接続した状態で、かつ
 BIOS でのBoot の優先順位が光学式ドライブが上にあり、かつ
 修復ディスクがディスクトレイに入った状態で、パソコンを起動します。
 (パソコンを起動しながら準備しても同じですので、全部まとめて一気にやる必要はありません)
2.修復ディスクから修復専用のWindows が起動します。
3.オプションの選択が表示されますので「トラブルシューティング」をクリック(またはタップ)します。
backup-restore3.jpg

4.トラブルシューティング画面が表示されますので
 「詳細オプション」をクリック(またはタップ)します。
backup-restore4.jpg

5.詳細オプションの画面になりましたら「イメージでシステムの回復」を
 クリック(またはタップ)します。
backup-restore5.jpg

6.コンピューターイメージの再適用画面が表示され、システムイメージが
 記録された外付けHDD 等が検出されます。
backup-restore6.jpg
※USB接続の外付けHDD で認識され無い場合、さす場所を変えてみてください。
※その外付け機器がBoot 可能かどうかもご確認ください。

7.イメージファイルが検出されたらそれをクリックします。
backup-restore7.jpg

8.色々聞かれてきますが、Cドライブだけのバックアップリストアであれば
 そのまま「次へ」「次へ」と進めれば完了です。





スポンサードリンク
1