リボンUIを表示させる方法

スポンサードリンク
スポンサードリンク

リボンのアイコンを大きく表示させてタップ(や、クリック)しやすくする方法

画面が小さすぎるタブレットPCやコンパーチブルタイプの場合だと
リボンのアイコンを大きく表示するのは画面領域を埋めてしまうので
使い心地が分かれるところなのですが
14インチ以上のUltrabook あたりのマルチタッチ液晶や大型マルチタッチ液晶PC の場合
リボンのアイコンが大きいほうが操作がしやすい場合があります。
リボンUI に慣れている人ならばむしろリボンのアイコンを大きく表示させることにより
快適に操作することができるかもしれません。
以下、リボンのアイコンを大きく表示させる設定です。

■リボンのアイコンを大きく表示させてタップ(や、クリック)しやすくする方法
1.リボンのアイコンを大きく表示させたいフォルダーを開き、ウィンドウ左上の
 下矢印ボタンをクリック(またはタップ)します。
ribbon2.gif

2.クイック アクセス ツールバー のカスタマイズメニューに
 「リボンの最小化」のチェックが入っているので、これをクリック(またはタップ)します。
ribbon3.gif

3.リボンアイコンが大きく表示され、アクセスしやすくなります。
ribbon4.gif


※やっぱりリボンアイコンを小さく表示したいとか、画面を占有してしまって見づらいとなった場合には
 同じ手順でクイック アクセス ツールバー のカスタマイズメニューから
 「リボンの最小化」をクリック(またはタップ)してください。



スポンサードリンク
1