スリープ復帰時のパスワードの設定

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スリープから復帰した時にパスワード入力を省略する設定方法

管理人はWindowsVista の頃からスリープ多用派なので、当然現在もWindows8 で
スリープを多用しています。
再起動させるのはWindowsUpdate の時しかないぐらいです。
作業場には管理人一人しかいませんので、スリープ復帰時にパスワードをいちいち入力するのが
大変面倒ですから、パスワード入力を省略する設定をすることにしました。

なお、他の人間がWindows8 を使える環境にある場合、
著しいセキュリティの低下を招きます
ので下記設定は行わないようご理解ください。


■スリープから復帰した時にパスワード入力を省略する設定方法
1.Windows8 に管理者権限をもつアカウントでログインします。
 ※通常は管理者権限をもったアカウントが作成されているはずです。
2.スタート画面で右クリック(画面下側から中央へスワイプ)し、画面右下にある
 「すべてのアプリ」をクリック(またはタップ)します。
3.Windows システムツールから「コントロールパネル」をクリック(またはタップ)します。
4.[システムとセキュリティ]-[スリープ解除時のパスワードの要求]と
 クリック(またはタップ)します。
5.電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化のウィンドウが開きますので
 スリープ解除時のパスワードの保護の箇所を
 [パスワードを必要としない]に変更して[変更の保存]をクリック(またはタップ)します。
 ※グレーアウトしている場合には「現在利用可能でない設定を変更します」を
  クリック(またはタップ)します。
sleep-password.gif


関連記事


スポンサードリンク
1