壁紙やスクリーンセーバーなどの個人設定を変更する方法

スポンサードリンク
スポンサードリンク

壁紙やスクリーンセーバーなどの個人設定を変更する方法

Windows8 のデスクトップの、壁紙やスクリーンセーバーを変更したい場合
次のように設定を行います。

■壁紙を変更する方法
1.スタート画面からデスクトップをクリック(またはタップ)します。
2.画面右上をポイント(または画面右側からスワイプ)して
 チャームを表示させたら、[設定]をクリック(またはタップ)します。
3.[個人用設定]をクリック(またはタップ)します。
4.個人設定ウィンドウの画面下にある、「デスクトップの背景」のところを
 クリック(またはタップ)して、デスクトップの背景を選ぶウィンドウを開きます。
5.「画像の場所」を「画像ライブラリ」に変更するとマイピクチャの中から画像を
 選ぶことができるようになります。
 (もし画像ライブラリにマイピクチャ以外のフォルダーが設定されていれば
  その中の画像も選べるようになります)
6.チェックボックスがあり、複数の画像を選んでいる場合、壁紙は
 一定時間で変更されます。(時間数は任意で設定)
wall-paper.jpg



■スクリーンセーバーの設定
1.スタート画面からデスクトップをクリック(またはタップ)します。
2.画面右上をポイント(または画面右側からスワイプ)して
 チャームを表示させたら、[設定]をクリック(またはタップ)します。
3.[個人用設定]をクリック(またはタップ)します。
4.個人設定ウィンドウの画面下にある、[スクリーンセーバー]をクリック(またはタップ)します。
5.スクリーンセーバーの設定画面が出てきますので「スクリーンセーバー」の
 プルダウンからお好きなものを選んでください。
6.もしフォトギャラリーを選ぶ場合には、その横にある[設定]ボタンを
 クリックして、スクリーンセーバーにしたい写真をが入っているフォルダーを
 選んでください。


■関連リンク
ロック画面の画像の変更のやり方





スポンサードリンク