2012年11月-Windows8(設定・使い方)

Windows8 の設定のしかたや、使い方、トラブルシューティングなどを紹介します。

スポンサードリンク

検索履歴を削除する方法

Windows8 のアプリでは、検索履歴が過去3件まで残ります。
家族で共有のアカウントを使っている場合や、会社で複数のメンバーと共同で
使っている場合、検索履歴が見られていまう事となります。
rireki-delete1.gif

これらの検索履歴を削除(クリアー)したい場合には次の手順で
履歴を削除してください。


■検索履歴を削除する方法
1.画面右上をポイントして「設定」をクリック(またはタップ)します。
2.画面右下の「PC設定の変更」をクリック(またはタップ)します。
3.PC設定の画面になりますので「検索」をクリック(またはタップ)します。
4.画面右側にあるWindows の検索履歴のところの[履歴の削除]ボタンを
 クリック(またはタップ)します。
rireki-delete2.gif

5.検索履歴が削除されます。
rireki-delete3.gif


特にRTアプリのInternet Explorer10 の履歴は削除しておきたいものですね。




スポンサードリンク

セーフモードで起動する方法

Windows8 が起動中だとファイルが削除できない場合や、なんらかのトラブルシューティングで
セーフモードを起動したい場合があります。
歴代のWindows と異なり、Windows8 ではF8 キーでのブートメニューが
表示されないため、起動時にいくらF8 キーを叩いたところでセーフモードの
選択画面になりません。

Windows8 でセーフモードで起動する方法としていくつかご紹介しますので
状況に合わせて使い分けてみてください。



■セーフモードで起動する方法
1.スタート画面でおもむろに
 msconfig
 とタイピングします。(いきなり検索画面になるのでびっくりします)
msconfig.gif
 ※タブレットパソコンの方はキーボードを接続して操作してください。

2.検索結果にmsconfig.exe が表示されますので
 クリック(またはタップ)します。
msconfig2.gif

3.システム構成のウィンドウが開きますので、「ブート」タブを
 クリック(またはタップ)します。
4.「セーフブート」にチェックを入れて、(通常は)「最小」を選択し
 [OK]をクリックし、パソコンを再起動します。
safemode1.gif

5.ログイン画面になったらパスワードを入力してログインします。
safemode3.jpg

6.画面四隅に「セーフモード」と表示されていれば、セーフモードでの起動成功です。
safemode4.gif

7.この手順でセーフモードを起動した場合は、必ずmsconfig でセーフブートの設定を
 元に戻してください。
 設定を元に戻さないと、ずっとセーフモードで起動してしまいます。


■1回だけセーフモードで起動する方法
1.スタート画面の画面右上をポイントし(画面右側からスワイプし)てチャームを表示させ、
 [設定]をクリックし、キーボードのShift キーを押しながら、[電源]-[再起動]と
 クリック(またはタップ)します。
 ※タブレットパソコンの方はキーボードを接続してください。
2.オプションの選択画面が表示されますので「トラブルシューティング」を
 クリック(またはタップ)します。
safemode5.jpg

3.[詳細オプション]-[スタートアップ設定]-[再起動]と順番にクリック(またはタップ)します。
4.スタートアップ設定画面が表示されたら、キーボードの 4 を押します。
5.ログイン画面が表示されるので、パスワードを入力してログインし
 画面四隅に「セーフモード」と表示されていればセーフモードでの起動成功です。



スポンサードリンク
前に戻る 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11