2012年10月-Windows8(設定・使い方)

Windows8 の設定のしかたや、使い方、トラブルシューティングなどを紹介します。

スポンサードリンク

拡張子や隠しファイルを表示させる方法

デスクトップでエクスプローラーなどを使い、ファイルを参照していると
拡張子が表示されていないことがわかります。
今までのWindows も標準ではそうなっていますので、8 もまあ、それで良いんですが。

とはいえ、同じ名前の違う拡張子のファイルが存在することもよくありますし(setup.exe とsetup.msi とか)
拡張子が見えてないと心配になるユーザーのほうが多いというか、Windows7 でも
かなり拡張子を表示する方法で検索に来られる方が多かったので
こちら、Windows8 でも拡張子を表示する方法を紹介します。

■拡張子や隠しファイルを表示させる方法■
1.スタート画面から「デスクトップ」をクリック(タップ)します。
2.画面左下にあるフォルダーみたいな形をしたアイコン、「エクスプローラー」を
 クリック(タップ)します。
3.(おそらくは)ライブラリの一覧が表示されたエクスプローラーが起動しますので
 ウィンドウ上部にある[表示]をクリック(タップ)します。
4.右上のほうにメニューが表示されていますので
 ファイル名拡張子や、隠しファイル など、表示させたいものにチェックを入れます。
拡張子と隠しファイルを表示させる方法



スポンサードリンク

Client Hyper-V に必要なシステム要件とSLAT対応CPUの確認方法

Windows8 Pro及び、Windows8 Enterprise が使える、Client Hyper-V という機能が
あるのですが、実はこれ、2つのシステム要件を満たしていないと使えません。

システム要件
・Windows8 Pro または、Windows8 Enterprise であること
・SLAT対応CPU 搭載であること

前者はともかく、後者は「何それ?」と初耳の人のほうが多いかと思います。
管理人もMicrosoft Conference 2012 で初めて聞きました。
仮想化に必要なCPU の機能だそうです。

さて、自分のパソコンのCPU がSLAT に対応してるかどうかは
いくつかの確認方法があります。

Intel 製CPU の場合でしたら、こちらの一覧表を見ていただくのが手っ取り早いです。
インテルR 拡張ページテーブル (インテルR EPT)のサポートっていうのが「はい」ならOKです。
http://ark.intel.com/ja/Products/VirtualizationTechnology
※「仕様の詳細を参照」と書いてあるCPUの場合は、型番のところをクリックして、
 個別ページ一番下の、インテルR VT-x with Extended Page Tables (EPT) が
 YES ならOKです。

ここに載っていないCPU の場合はちょっと面倒なんですが、コマンドプロンプトを使って
確認することもできます。

■コマンドプロンプトを使ってSLAT対応CPUか確認する方法■
1.Coreinfo というアプリをMicrosoft のTechnet からダウンロードします。
  http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/cc835722
2.Dドライブなりなんなり使いやすいところに解凍します。
3.スタート画面で右クリックして「すべてのアプリ」をクリックするか、
  画面右上をポイントしてチャームを表示させて、検索ボタンをクリックし
  すべてのアプリを表示させて、「コマンドプロンプト」を右クリックします。
4.画面左下にいくつかメニューが表示されるので「管理者として実行」をクリックします。
管理者として実行をクリック(タップ)

5.解凍しておいたCoreinfo のディレクトリに移動し、
 coreinfo -v
 と入力してEnter を押します。
6.EPT のところに * マークが表示されていればSLAT対応CPU であることが確認できます。
coreinfo-cmd



スポンサードリンク
前に戻る 1  2  3  4  5  6  7  8