2012年3月-Windows8(設定・使い方)

Windows8 の設定のしかたや、使い方、トラブルシューティングなどを紹介します。

スポンサードリンク

「ファイル名を指定して実行」を表示、使用する方法

レジストリエディタや、DirectX診断ツール、システムコンフィグ(システム構成)等
ファイル名を指定して実行じゃなければ起動できないソフトウェアがあります。
ファイル名を指定して実行を表示する方法および、使用する方法を紹介します。

win8-filename-and-run.jpg

■「ファイル名を指定して実行」を表示、使用する方法
1.スタート画面の何もないところで右クリックし、[すべてのアプリ]をクリックします。
2.アプリ一覧画面より[ファイル名を指定して実行]をクリックします。
※頻繁に使うようであれば、「ファイル名を指定して実行」を右クリックし、スタート画面または
 タスクバーにピン留めすると使いやすいと思われます。
3.ファイル名を指定して実行のウィンドウが開くので、入力フィールドに
 プログラム名などを入力して、[OK]をクリックします。


管理人がよく使っていた実行ファイル例
・DirectX診断ツール dxdiag
・システムコンフィグ(システム構成) msconfig
・レジストリエディタ regedit
・コマンドプロンプト cmd


スポンサードリンク

当サイトにおけるソフトウェアとアプリの書き分けについて

そもそも、ソフトウェアとはハードウェア上で動作するプログラムの事を
さすわけで、そこにはWindows などのOS も含まれます。
よって、本来であれば、Windows 上で動作させるプログラムについては
アプリケーションと呼びたいところです。

しかしながら、ことWindows8 においては、いわゆる「アプリ」が
存在します。
Android タブレット&スマホやiPhone&iPad でも「アプリ」と
呼ばれていますよね。
いわゆる、専用のストアからDLして導入するタイプの
専用アプリケーションです。

そしてさらに、Windows8 においては、従来のVista&7 で使えていた
アプリケーションもインストールして使うことができます。

もちろん、スタート画面にタイル表示させることはできます。

ただ、やはり「アプリ」と「アプリケーション」はインストール方式から使い勝手まで
根本的に違うので、当サイトでは

●Windows Store から入手するものは「アプリ」
●WebサイトからのDLや、インストールディスクなどからインストールするものは
 「ソフトウェア」

と、書き分けるようにします。
当サイトだけの管理人の勝手な書き分けですので
他のサイトや、IT系雑誌では違うように書かれるかもしれません。

なるべく混乱しないための書き分けのつもりですが
むしろ混乱するかもしれません。この点については申し訳なく思っております。

Microsoft 社HP などで、そこらへんの書き分けがしっかりなされるように
なった時には、当サイトでも表記の統一に倣います。


スポンサードリンク
前に戻る 1  2  3  4  5  6  7  8  9